通信端末音質評価

PESQ POLQA (OPUTICOM) ITU-T P.862

携帯電話評価(VoLTE測定、検証)やIP電話、PHS等の有線無線問わず通信端末の測定を行います。Lineでの測定を行うため、端末固有の問題なのか、通信状態での問題なのかの切り分けが出来ます。

 

※VoLTEでの実績は別途お問い合わせください

​◆評価環境

試験端末⇔試験端末 (実環境下、端末固有の問題点の洗い出しが可能です)
ISDN⇒試験端末(ISDNよりデータを直接デジタルで送出する為、受話側での問題点の切り分けが可能です)
試験端末⇒ISDN(試験端末から送出されたデータを劣化せずに受信する為、送話時の問題の切り分けが可能です)

​◆測定項目

  • 音量 ・周波数特性 ・歪率 ・位相特性

  • 最小遅延 [ms] ・平均遅延 [ms] ・最大遅延 [ms] ・録音音声の減衰レベル[dB]

  • R値 ・録音音声から推測されるサンプリングレート値 [Hz] ・MOS値​ ・実通話品質

​◆評価結果

MOS評価(主観評価)

​◆評価環境

実際に通信端末から出ている音を数値化して実動作を評価します

  • 騒音除去、エコーキャンセラー、ダブルトーク等で発生する問題を確認できます

  • 聴感に長けている測定エンジニアが実施します(一般の方で年代別に実施することも可能です)

※使用が予想される環境によって聞こえ方を確認します

  • 室内(約40dB)⇔室内(約40dB)

  • 室内(約40dB)⇔室外(約60dB)

  • 室内(約40dB)⇔室外(約80dB)

​◆測定項目

  • 騒音環境への強さ

  • 音量

  • 周波数

  • 明瞭度

  • 位相

  • 歪率

  • 騒音除去

  • 音響エコー

  • 音量変動

  • 音途切れ

  • ​ノイズ

簡易測定(Mic & スピーカー出力)

端末のマイク、スピーカーから出力された送話受話の音を数値化します

  • 主観的評価、客観的評価の差異を出来るだけ小さく出来るような評価環境を提供します

​◆評価環境

  • ISDN⇒試験端末

  • 試験端末⇒ISDN

  • 試験端末⇔試験端末

​◆測定項目

  • 音量

  • 周波数

  • 位相

  • 歪率

3 GPP測定項目

3 GPPの規格に沿った測定を行います

  • 主観的評価、客観的評価の差異が発生します

​◆評価環境

ISDN回線を使用した測定系です。

ISDN回線用PCのISDNボードを使用して公衆回線に接続しています。

ISDN回線入出力用サウンドインターフェース(UA-101)を介して公衆回線に音声を入出力できるようになっています。